So-net無料ブログ作成

50歳以上での超高齢出産。年齢によるリスクは何なのだろうか? [ニュース]

firippu.png
http://headlines.yahoo.co.jp/

<50歳以上の超高齢出産>

スイスの資産家で53歳の女性マルガリータ・ルイドレフェスさんが

双子を妊娠したというニュースがありました。


ひえ~高齢出産ですね。


調べましたら、35歳以上での出産を高齢出産といい、

50歳以降の出産を、超高齢出産というそうです。


超高齢なうえに、双子というのは母体にかなり悪影響を与えるのでは

ないかと、勝手に想像してしまいます。

そこでリスクを調べてみました。



ninnpu.jpg
※matome.naver.jp

<高齢出産の母体へのリスクは?>

医学の進歩によって、

妊婦に対するリスクは減っていますが、

それでもやはり高齢になると、

死亡率は上がってしまうようです。

2004年のアメリカの報告では

妊婦10万人対して死亡率は約9人でしたが、

40歳以上の場合平均より5.3倍確率が上がったようです。



<子供へのリスクは?>

・死産率
高齢出産はやはり流産・早産の危険性も増えるとのこと。

2013年の統計では出産1000人に対して

20代は約9人

30代は約11人

40~44歳約21人 

45~49歳約35人

と増加していきます。



・子供にたいする先天性異常

高齢になるほど、子供の先天性異常が発症する

可能性が多くなるそうです。

20代で1%ほどですが、

40代を超えると2.4%と高くなります。


どんな先天性の異常が多いかというと

ダウン症などの染色体異常だそうです。



スポンサーリンク






<ヨーロッパでの高齢出産の見解>

今回話題になったルイドレフェスさんは

ヨーロッパのスイスの方です。

ヨーロッパでは高齢出産がかなり多いようです

2013年のイギリスでは50歳以上の女性から

生まれた子供が700人もいるとのこと。

しかし2000人に行ったアンケートでは

75%の人が「50代を超えてからの出産は適切ではない」との

意見をしているといいます。

多くの理由は

子供が20 歳になったときに母親はすでに70歳という大きな年齢差

によるものだそうです。



確かに70歳と言ったら

「お母さん」というより「おばあちゃん」

という印象が受けますね。



しかし、

色々なリスクを書いてきましたが、

調べているうちに

高齢出産の経験談や、高齢出産のお悩みのサイト

たくさんありました。

読んでみると

高齢出産を経験した方は、

いろいろと苦労していますが、

みんなパワフルで、幸せそうです。


先にあげたようなリスクを踏まえたうえで、

出産をしたいという気持ちが強いのなら、

周りに何を言われようと

出産にチャレンジするべきですよね。

それが女性としての幸せならば。


母は強しです。



<関連記事>
歌手SILVAブログで出産の報告。そのブログが感動的すぎる!一読あれ!



スポンサーリンク





こちらのサイトもはじめました


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ADIDAS FORUM MID 25TH

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。